HOME>ホットトピックス>展示物だけどもリアルな生活もイメージできる

アドバイスできる営業マンがいる

男女

住宅展示場に行く理由は、「どんな家が建てられるのだろう」というイメージをリアルに感じられるためでしょう。世田谷エリアには、各々の事情を抱え、それを理解してもらい、その方々の立場に立って考える営業マンがいます。戸建てだからこその魅力、賃貸ではできない、やれない、そうした専門的知識を合わせてアドバイスできるのが展示物のある会場なのです。

気軽に足が運べる

住宅模型

見て触って、こうした見学ができる世田谷エリアの住宅展示場、当初から購入する気のない人も見学できます。また、購入していても、古くなってきた設備機器の買い換えを検討している、こうした方々からも利用されています。ショールームに行くよりも、リアルな住宅内でイメージできる、こうした空間で収集できるからなのではないでしょうか。

生活情報も得られる

専門的知識以外の、世田谷エリアの一般情報も収集したいのなら、住宅展示場に行くのがいいようです。例えば、このエリアでニューオープンした施設についてや、増税に関して安く購入しておきたいインテリア家具についてなど、消費者目線でのお得な情報も伝えてくれます。手作りの資料(マップ)などにも紹介されています。

特典付きだから

住宅展示場の多くは、住居形態やインテリアなどの住まいに関する情報を収集したり、紹介しています。世田谷エリアでは、見学に来た人の情報、生活意識に関する情報を住宅づくりに反映させるため、アンケート調査に協力をお願いするようです。注目は特典で、予算シミュレーション、インテリアや工法に関するカタログのプレゼントなどがあります。このことで、さらに買いたい意欲が高まると言います。